塾講師カミノ@塾のお悩み解決部屋

受験が嫌いな現役塾講師です

部活をおススメしません【塾講師】

f:id:kamino_clover:20211205183417p:plain

 

はじめに

私は部活というものに対してあまり良い印象を持っていません

 

もちろん良い部分もありますよ。

私自身、中学時代は部活をやっていました。

その時の思い出がすべて悪かったわけではありません。

むしろ良い思い出も数多くありました。

 

私は中学時代、部活の同級生の中で浮いていました。

一人だけ仲間外れにされ、それでも部活に通い続ける毎日。

周囲が敵だらけで嫌な思いも数多くありました

 

ですがそんな中で私は一人で部活に打ち込みました

みんなが楽しくワイワイしている間も黙々と練習を続ける毎日。

元々中学で初心者だったのが、気づけばメンバーに選ばれるまでになりました。

 

一人で夢中になって練習に打ち込み、その結果が報われた。

その喜びを知ることができたという意味では、良い思い出もたくさんあります

 

ですが全てがいい思い出になるわけではありません。

私は当時、上手に立ち回れました。

皆が自分を敵視する中、その逆境を練習に打ち込めた

その姿勢が功を奏し、たまたま上手くいったのだと思います。

 

それを皆ができるかというとそう簡単ではないと思います。

皆が敵視する中ではやっていけず、退部してしまう。

自分ばかりが試合に出られず、悔しい想いをする。

そんな悲惨な思いをしてしまうことの方がはるかに多いと思います。

 

部内で上手に立ち回れれば後悔なく過ごせるかもしれない。

ですが一般的にはそう上手くいかないことの方が多いでしょう。

そして後悔してしまう。

そんな生徒が増えることを鑑みても、私はやはり部活をおススメしませんね。

 

 

 

部活は集団行動を覚える場

そもそも考えてみてほしい、

なぜ部活というものがあるのでしょう。

学校がわざわざ運営に直接かかわります。

そこまでして部活が存在する意義ってどこにあるでしょう

 

答えは明確です。

部活は将来、大人になった際に必要な社会性を身に着けるのに最適だからです。

社会性、すなわち集団の中で適応する能力ですね。

 

大人になると集団の中でうまくやることが不可欠になります。

会社員になると取引先やお客さんと仲良くすることを強いられます。

会社の上司との飲み会に参加することを強いられます。

人柄がよく、接しやすい人ならまだいいですよ。

ですがそうでない人の方が世の中格段に多いです。

そんな人が相手でも嫌わずに避けることなく振る舞う。

そういうスキルが要求されるのです。

 

それを身につけるのに部活って最適なんですよね。

部活でも集団の中でうまく振る舞うことが不可欠です。

そうでないと私のように部内で浮いてしまいますからね。(苦笑)

浮いて仲間外れにされない立ち回りを身につける。

嫌いな部員がいても、その中でうまく行動する能力を身につける。

そのきっかけづくりとして、部活は活用されているのだと私は思います。

 

 

 

部活より大切なこと

誤解しないでほしいのは、別に集団行動を悪と決めつけていないことです。

実際、集団行動は大切ですよ。

そのために部活で必要な力を身につけるという考え方も悪くはないです。

 

ですが私としては、集団行動も大事だけど個人行動はもっと大切だと思います。

一人でいる時間を有意義に活用する。

その術を学んでいくことも学生時代の重要な学びであると思いますね。

 

一人でいることは多くの困難を要します

孤独に苦しみ、一人では何もできない。

そうして友達に依存し、関係維持のために言いなりになってしまう。

そうして友達にパシリ扱いされ、命令に従うだけの人間に育つ。

そうした生徒は珍しくありません。

 

いざというときは一人で不自由なく行動できるようにならねばなりません

自分をパシリ扱いする友達との関係を断つ。

それでもうまくやっていけるだけのスキルは必要です。

そのために学生のうちから孤独を克服するすべを身につけるのは重要なことです。

 

大切なのは自分の世界を持つことです。

自分の考えを持ち、信念やポリシーを持つ。

一人で行動し対処する、そのための思考を身につける。

これらのスキルは一人で考え事をする習慣なしには決して得られません。

 

一人で考え事をするうえで、いろいろな行動が役に立ちます。

ただぼーっと空を眺めるだけでもいい、

読書でもいい、

あるいはゲームをしていてもいいかもしれません。

とにかく何か夢中になれるものを持ちたいですね。

 

夢中になれば、何かしら考える習慣がつきます

例えばゲームや読書で感情移入をする。

すると人物の心境を考えますし、

『自分ならこうする』と意見を持つきっかけにもなる。

ゲームで戦略を練ることだって立派な考えの一つです。

ぼーっと空を眺めているうちに、考え事をするのもよくあることですよね。

 

一人でいると、こうして考える習慣が身につきます。

この思考の習慣が自身の信念を生み、生きる道しるべを得ることができる

そして自立した人間として育つきっかけとなる。

これだってとても大切なことだと私は思います。

 

 

 

さいごに

確かに部活を通じて集団行動を身につけるのも大切です。

ですが一人の時間を通じて個人行動の習慣を身につけることはもっと大切

そのように私は考えています。

 

冒頭で述べたように、私は中学時は部活に所属していました。

ですが高校時は部活に入っていませんでした。

その二つを比べると、部活に入っていない高校時のほうが良かったと今でも思います

部活に入っていない時期のほうがはるかに充実した学生生活を送っていた気がします。

 

集団行動は確かに大切なことです。

ですがこれって所詮は社会の都合

社会人を育成するうえでは部活は有意義です。

でも個人として充実するうえでは部活はやはりおススメできません。

 

YouTubeのゲーム実況を見ると、仲間同士で楽しくやっているのを見かけます。

それを見てうらやましく思うこともあるでしょう、

『自分もやってみたい!』と思うのも無理ないことです。

集団行動の楽しさを如実に表現している一幕ですね。

 

ですが実際、楽しそうと思ううちが華

よそからは楽しそうに見えても、実際には結構気疲れすると思います。

仲間を怒らせないように気を遣ったり、輪を乱さないように気をつけたり・・・。

やっている本人は意外と大変だと思いますよ。

そういう意味でも、一人で遊ぶ方がいいと思うのはこちらで述べたとおりです。

 

kamino-clover.hatenablog.com

 

 

結局一人はラクですよ。

ラクなうえに生きていくうえで必要なスキルも手に入ります。

部活に入っていると、どうしても一人の時間が少なくなる。

時間という貴重な財産を犠牲にしてしまう。

そういう意味でも、部活に入るのはやはりおススメできないですね。

 

心から信頼できる数人を見つけ、彼らと喜びを共有する。

一番の理想はそんなところですね。

部活のように好きな人も嫌いな人もごちゃ混ぜにし、そこで仲良くする。

たくさんの人に囲まれ、自分の意見が通りにくい環境に身を置く。

そこにわざわざ加入するのは効率悪いと私は思っちゃいますね。

 

 

今回登場した関連記事一覧

kamino-clover.hatenablog.com